最新情報

ロレックスデイトナ6241の買取相場は?最新価格表で店舗ごとに比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロレックス・腕時計買取人

超希少モデルとして知られる「ロレックスデイトナref.6241」
ロレックス好きなら1度は見てみたいシリーズとなっています。

レア度が他のシリーズとは一線を画す為、ref.6241が中古市場に出るところをあまりお目にかかれないのではないでしょうか。

それほどまでに希少性が高いシリーズだからこそ、「もし売却すると、一体どれくらいの価格が付くのか」気になるところです。

ということで今回、ロレックスデイトナref.6241の最高値の買取価格を調査してみました。

最高値の買取価格をチェックすると、本当に人気であることと希少性を実感するはずです。
ぜひ、気になる買取価格を見てみてください。

※買取価格とは別に、少しでも高く売却するための豆知識も紹介しています。
ロレックスの売却を検討しているならば、ぜひそちらもチェックしてみてください。

▼無料で簡単に腕時計の一括査定をするならコチラ▼

Rolex・ロレックスデイトナref.6241の買取価格の最高値は?売ると売却相場の金額はいくらぐらいになる?

Rolex・ロレックスデイトナref.6241の買取価格は?

 

ロレックスデイトナ6241の買取価格の最高値は?売ると売却相場の金額はいくらぐらいになる?

出典:instagram

※2019年8月18日調べ

ロレックスデイトナref.6241の最高値の買取価格を独自で調べてみたところ、最高値は500万円~2000万円以上で買取されています。
ロレックスデイトナの中で最も希少なレアモデルであるref.6241らしい、驚きの買取最高値となっています。

しかし買取店の多くが買い取り実績なし、買取金額も明記していないところも多かったため、通常使用品でも2000万円を優に超える可能性を秘めています。
また状態がいいものであれば3000万円も十分射程圏内で、「家やマンションと同価値」という夢のようなモデルです。

6241のような超高額モデルは為替相場の影響を受けやすく、このまま円高傾向が進んでいくと数百万円単位で買取相場が下がる恐れがあります。
もし少しでも売却を考えているのであれば、早急に査定だけでも出すことをおすすめします。

店舗ごとの買取価格!比較表

買取店舗買取価格(最安値~最高値)
ヒカカク1200万円 ~ 2000万円
カドノ質店お問合わせください
銀座RASINお問合わせください
GMTお問合せください
jrsお問合せください
宝石広場お問合せください
買取エージェントお問合せください
カイトリマンお問合せください
なんぼやお問合せください
クオークお問合せください
質屋さんドットコムお問合せください
ジャックロードお問合せください
大黒屋お問合せください
ピアゾ1100万円~1700万円

ロレックスデイトナref.6241とは?

ロレックスを象徴する人気モデルとして、現在も第六世代まで続くデイトナの記念すべきファーストモデルであるref.6241。
ロレックス唯一のクロノグラフ搭載モデルとして1963年に登場し、1970年ごろまで生産されました。
既に生産中止から50年以上が経っているのに加え、当時も生産数が少なく、約7年しか生産されなかったので、希少性はアンティークロレックスの中でも群を抜いています。

「家やマンションが買える値段」で買取がされることも珍しくなく、市場に出回ると大きな話題を集めることも少なくありません。

芸能界屈指の腕時計好きであり、アンティークロレックスのマニアであるTOKIOの長瀬智也も所持しており、ロレックスファンにとっては憧れでもアリ、特別なモデルとなっています。

関連記事:デイトナ特集はこちら

スペックの特徴について

  • ケース素材: ステンレススチール
  • ブレス素材: ステンレススチール
  • ブレスタイプ: オイスターブレス
  • ベゼル: タキメーターベゼル
  • 風防: 強化プラスチック
  • ケース径: 37mm
  • ケース厚: 12mm
  • 防水: 30m
  • ムーブメント: 手巻き
  • キャリバー: Cal.72B、Cal.722-1
  • 振動数: 18,000振動
  • パワーリザーブ: 約50時間
  • 製造期間: 1965年頃~1960年代半ば頃

出典:watchpedia

Rolex・ロレックスデイトナref.6241の高額査定を目指すためのコツ!

アンティークロレックスの買取に強いお店を探す!

ref.116500LNやref.116520と言ったデイトナの現行モデルの中でも特に人気の高いモデルだと、少々販売価格が高くても、店舗やオンラインショップに出せば即売れるほど販売は簡単です。
そして、ネットにも買い取り実績や買取相場の情報があふれているので、どこで買い取ってもらってもそこまでの金額の差は生まれません。

しかし、アンティークロレックスの超高額モデルとなれば、しっかりとした販売ルートや顧客を持っていなければ適正な値段で販売することは難しく、大きなリスクを伴うことになります。
買取店にはそれぞれ得意不得意があり、やはりアンティークモデルに強いお店でないと、今回の調査で分かった買取最高値での買取は厳しいのです。

まずは、インターネットでアンティークモデルに特化したお店や専門店、アンティークモデルの買い取り実績や取り扱いが多いお店を探しましょう。

超高額モデルは為替相場の影響をモロに受ける!

ここ数年のロレックスの全体的な相場高騰には、大きく為替相場の円安が影響しました。

為替相場が円安だとロレックスの販売価格と買取価格も上がりますが、円高だと販売価格も買取価格も下がります。
順調に続いていた円安もここ最近で陰りが見え始め、2018年後半には円高に入ると言われています。

例えば1万ドルのモデルを円安の1ドル=120円の時に売れば120万円が買取金額になりますが、円高の1ドル=100円の時に売れば100万円まで下がります。
これが10倍の10万ドルのモデルになると、円安の1ドル=120円の時に売れば1200万円で売れますが、円高の1ドル=100円の時に売れば1000万円と、損をしてしまう金額も10倍になるのです。

円高傾向になったからと言って、すぐに買取相場に反映されるわけではないですが、このまま本格的な円高傾向に入れば買取相場も大きく下がることが予想できます。

ですので一刻も早く、円安の恩恵が残っているうちに売り抜くことをおすすめします。

高価買取にも繋がる!ロレックスの豆知識

不具合などがあっても査定にそのまま持っていく!

デイトナref.6241は生産中止から50年以上が経っているモデルということもあり、どれだけ大事に使っていても不具合が起こってしまう可能性があります。
もし不具合が起こってしまったら、査定にそのままの状態で持って行ってください。

デイトナref.6241は既にロレックス正規店でのオーバーホールや修理は受けれず、修理をするとなれば非正規店で受けることになります。
とにかく部品の一つをとっても希少なモデルのため、オーバーホールや修理にかかる費用は大きくなることが予想できます。

しかも劣悪な修理業者に当たってしまうと手の付けられない状態になったり、正規品以外の部品を使った修理は時計の価値を大きく落とし、買取金額も大きく落ちてしまいます。

その点、買取店では専属の時計技師がいたり修理店と提携している場合もあるので、予想上に少額の減額に収まるという場合もあります。
なので、変に手を付けるよりも、そのままの状態で持ち込むようにしてください。

アンティークモデルの小冊子は価値が高い!

現行モデルに付いてくる小冊子は価値がなく、欠品していても査定に響くことはありません。

しかし、アンティークモデルの小冊子は価値が高く、数万円のプラス査定になる事も珍しくありません。

通常のロレックスの査定では持って行かない人も多い小冊子ですが、残っている場合は必ず持っていくようにしてください。

こちらの記事も一緒に読まれています

>ロレックスデイトナ6239の買取価格の最高値は?売ると売却相場の金額はいくらぐらいになる?

買取依頼をする際に大事なこと(まとめ)

希少性が高いロレックスモデル【ref.6241】は、買取価格も異常に高いことがわかっています。
だからこそ、買取依頼する際には買取店舗をしっかり吟味して選ぶことが大事です。

1000万円以上で売れる腕時計だけに、その価値は計り知れません!
これほどのレベルになると、付属品だけでも想像を超える価値を生む可能性が高いです。
コマや保証書などがしっかり保管されているのであれば、必ずこれらも一緒に買取依頼をするようにしてください。

もし、「今はどれくらいの価格なのだろう」と気になる場合には、ネットの無料査定を利用することをオススメします。
複数社の買取店を競合させることで、1円でも高く買取価格を釣り上げることができるのです。

また、ネットの一括査定サービスは”完全無料”で利用できます。
現物を郵送する手間もなく、必要な情報を入力するだけで大丈夫なので、とても簡単に現在の買取相場を知ることが可能です。
気軽に無料でできるため、気軽に利用してみてくださいね。

 

 

>>今すぐ無料で一括査定するならこちら【時計査定の窓口 公式サイト】

こちらも一緒に読まれています

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

ページ上部へ戻る