最新情報

買取額の高いロレックスの種類とは?高く売れる腕時計を知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロレックス・腕時計買取人

「高級腕時計」と聞いて、ほとんどの人が真っ先に名前を挙げるであろうロレックス。
確かにロレックスよりも定価が高いブランドは存在しますが、圧倒的な知名度と人気から他の腕時計ブランドを寄せ付けない高額な買取相場となっています。
そんなロレックスには定価を遥かに超える買取額のモデルも多数存在します。

ということで今回は、買取額の高いロレックスの種類を紹介していきます。

買取額の高いロレックスの種類とは?高く売れる腕時計を知ろう

ロレックス・デイトナ

ロレックスを象徴するモデルといっても過言ではないデイトナ。
ロレックス正規店では常に品薄の状態となっており、定価で買えないモデルとも異名も付けられております。

デイトナを求めてロレックス正規店を回る「デイトナマラソン」、「デイトナを見つけたらとりあえず買え!」なんて言葉もあるほど買取市場でも高い人気を誇っています。
定価以上の買取相場となっているモデルが数多く存在します。

デイトナ愛用の有名人

俳優の反町隆史、竹野内豊、アーティストの氷室京介、タレントの土田晃之、梅沢富美男、加藤茶、TOKIOの長瀬智也、PUFFYの大貫亜美、嵐の松本潤、元SMAPの木村拓哉、女優の工藤静香、読売ジャイアンツ監督の原辰徳、お笑い芸人のトレンディエンジェルの斎藤司、ロンドンブーツ1号2号の田村淳、アンジャッシュの渡部建、おぎやはぎの矢作兼、ナインティナインの矢部浩之、さまぁ〜ずの大竹一樹など。
さまざまな著名人が着用しているのです。

>>ROLEX・デイトナの買取情報はこちら

ロレックス・サブマリーナ

デイトナと人気を二分する、ロレックスの定番、王道とも言えるモデルのサブマリーナ。
ダイバーズウォッチとして開発されたことから、ファッション性だけでなく高い機能性、耐久性、防水性を誇り、ロレックスの世界的な人気、地位の確立に貢献したモデルとも言えます。

サブマリーナ愛用の有名人

ジャニーズの生田斗真、今井翼、TOKIOの国分太一、元SMAPの草彅剛、アーティストのEXILEのTAKAHIRO、コブクロの小渕健太郎、プロサッカー選手の大久保嘉人、柔道家の篠原信一、プロ野球選手の秋山翔吾、お笑い芸人のケンドーコバヤシなど。

>>ROLEX・サブマリーナの買取情報はこちら

ロレックス・エクスプローラー

「エベレスト登頂」など、極限とも言える状況でも使えるスポーツウォッチとして数多くの偉業に共にし、ロレックスの時計がいかに実用性と耐久性の高いかを証明するきっかけとなったモデルと言っても過言ではないエクスプローラー。
発売当時はデイトナ、サブマリーナほどの人気はなかったものの、1997年に放送されたテレビドラマ「ラブジェネレーション」で木村拓哉が着用したことをきっかけに人気が火が付き、これまでロレックスに興味がなかった若い層にも支持されました。

エクスプローラー愛用の有名人

元SMAPの木村拓哉、お笑い芸人のチュートリアルの徳井義実、俳優の松山ケンイチ、武田真治、平岳大、お笑い芸人のダイアンの津田篤宏、キャイ〜ンのウド鈴木など。

>>ROLEX・エクスプローラーの買取情報はこちら

ロレックス・GMTマスター

ロレックス唯一のパイロットのために作られたパイロットウォッチであるGMTマスター。
ロレックスの他のモデルと一線を画すモデルということもあり、コアな人気のモデルという認識がありました。
ですがロレックスの世界的な人気の高まりに比例して注目度が上がり、今では説明不要の人気モデルとしての地位を確立しました。

GMTマスター愛用の有名人

歌舞伎俳優の市川海老蔵、俳優の陣内孝則、京本政樹、竹野内豊、渡部篤郎、向井理、関ジャニ∞の安田章大、V6の坂本昌行、3代目J Soul Brothersの登坂広臣など。

>>ROLEX・GMTマスターの買取情報はこちら

ロレックス・デイトジャスト

1945年に登場して以降、現在まで生産され続けているロレックスの定番モデルであるデイトジャスト。
腕時計、ファッション業界は機能性の向上やニーズだけでなくトレンドの移り変わりも非常にはげしいですが、その荒波の中でも当時の見た目を変わらず継承し続けています。

また、「ロレックス=男性」というイメージが非常に強いですが、ロレックスの中で唯一よレディースモデル、ボーイモデルが存在します。
女性の愛用者が多く、デイトジャストならではのクラシックな雰囲気が魅力です。

デイトジャスト愛用の有名人

ジャニーズの今井翼、嵐の櫻井翔、お笑い芸人のFUJIWARAの藤本敏史、とんねるずの木梨憲武、元AKB48の大島優子、板野友美、元フィギュアスケート選手の安藤美姫、女優の北乃きい、俳優の小池徹平、佐藤健、市村正親、伊勢谷友介、タレントの安田美沙子、具志堅用高、りゅうちぇる、ファッションモデルのソンミ、小森純、TBSアナウンサーの青木裕子など。

>>ROLEX・デイトジャストの買取情報はこちら

ロレックス・ディープシー

2008年に初登場したロレックスの中で最も新しいモデルでありながら、これまでロレックスが培ってきた技術を集約したダイバーズウォッチであるディープシー。
ディープシーという名前の通り深海という環境でも力を発揮する3900mの防水性を兼ね備えた圧倒的で規格外のスペックを持っています。
プロユースモデルということで実用性を求めるコアなユーザーからファッション性を求めるユーザーまで、幅広い層に人気があります。

ディープシー愛用の有名人

タレントの有吉弘行、関根勤、元サッカー選手のデイビッド・ベッカムなど。
挙げればキリがないですね。

>>ROLEX・ディープシーの買取情報はこちら

>>今すぐ無料で一括査定するならこちら【時計査定の窓口 公式サイト】

簡単にお持ちの腕時計の一括査定できるところを紹介

1円でも高くロレックスを売るためには、1店舗でも多くの買取店で価格を比較する必要があります
※「相見積もり」のこと指します。

しかし、1店舗でも多くの買取店に足を運ぶのは本当に大変な作業です。
恐らく、1日ならば頑張っても3店舗くらい訪問するのが限界でしょう。

なので、その面倒な一括査定の調査を代行してくれるサービスを利用してみませんか?

大事にしてきたロレックスだからこそ、安い値段で売るのは絶対に嫌ですよね。
そんな気持ちに応えるべく、最大10社を比較してその中で1番高いところをお探しします。
(※買取店は“国内外”の業者を比較します。)

また、一括高額査定を代わりに調査するので、多くの買取業者からセールス電話がかかってくることはありません
面倒な作業はすべて代わりに行います。

NO.1 たった30秒の簡単作業で知りたい時計の買取査定額がわかる

「腕時計を少し高く買い取ってもらいたい!」
こう思っているあなたには、時計の一括査定をすることをオススメします。

時計の一括査定をすると、あなたの腕時計の買取価格を店舗ごとに比較できるからです。

通常の買い取り作業は、

①実店舗に現物を持っていき査定してもらう。
②現物を梱包して、買取店舗に郵送する。

といった、面倒で手間な作業がかかることばかりです。

でも、ネットで一括査定をする場合には、査定額を知りたい腕時計の

・ブランド名
・型式
・年式
・付属品の有無

などの項目にチェックするだけでOKなんです。

現物を買取店に郵送するという面倒で手間な作業はありませんし、現物を写メに撮ることも任意です。(※詳細な査定額を知りたい場合、写メを載せてください)

簡単入力で30秒後には全て完了できちゃいますよ。
あとは、一括査定した結果を家で待っておくだけです。(※査定結果は郵送で届きます。)

一括査定するメリットは、一番高く売れる買取店を簡単に見つけられることです。
査定額の差は、ヒドい時には30万円以上の差が出てくる時もありますからね。

また、全ての店舗にわざわざ足を運ばなくても良いので、楽ちんですね。

一方、デメリットは一括査定するために30秒だけ時間を使うことです。
これだけしかありません。

一括査定した後の業者へのお断り連絡も全て代行でしてくれるので、面倒なことは本当に1つもありません。
本当に単純に、あなたが持っている腕時計を一番高く買い取ってくれる店舗を見つけるサービスですからね。

だから、知っていないと絶対に損することなので、あなただけは絶対に覚えておいてくださいね。

完全に無料で一括査定が出来ますので、ぜひ気軽に気になる時計の査定結果を調べてみてくださいね。

※類似サイトにご注意ください。本物の一括査定サイトで調べるなら、以下から調べることが一番安心安全です。

>>今すぐ無料で一括査定するならこちら【時計査定の窓口 公式サイト】

まとめ

ロレックスは種類がとても多いので、その種類によって査定額が変わってきます。
やはり人気=需要高のため、多くの人が「欲しい」というシリーズは買取価格も高くなるのです。

最近ではロレックス資産とも呼ばれるほど、ロレックス全般は価値あるものだと認識が高くなっています。
ですが、その中でも高く売れるものは確かに存在するので、資産にしたい場合には今回紹介した中から選ぶことをオススメします。

また、将来的に1円でも高く売ることを目標にしている方も、人気のあるモデルから選ぶようにしてみてください。
その他にも、腕時計を高く売る方法はたくさんあるので、他の記事も参考にして売値を上げるようにしましょうね。

>>今すぐ無料で一括査定するならこちら【時計査定の窓口 公式サイト】

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

ページ上部へ戻る