セイコー プロスペックス セイコー創業140周年記念 限定モデル Ref.SBDC139の評価・評判は?徹底レビュー

日本の代表的腕時計メーカーといえば?と聞かれたら、『セイコー』の名前を思い浮かべる人も多いでしょう。セイコーは1881年の創業より革新的な腕時計を世に送り続け、日本の代表的な時計メーカーとして躍進を遂げてきました。

今回はそんなセイコーの人気ブランドの一つ、プロスペックスよりRef.SBDC139を紹介します。

セイコー プロスペックス セイコー創業140周年記念 限定モデル Ref.SBDC139

プロスペックスは陸や海、空など、あらゆる環境下でも正確な時を刻み続ける堅牢性、本格スポーツウォッチならではの機能性やデザイン性で世界的にも人気のセイコーブランドです。今回紹介するSBDC139は2021年5月にセイコー創立140周年記念モデルとして、セイコーファーストダイバーの現代デザインをベースに復活するという事で話題を集めました。

SBDC139はオシャレな見た目だけでなく、プロスペックスならではの機能性により、幅広いシーンで活躍してくれるモデルとなっています。オンオフ問わず使える本格ダイバーズウォッチをお探しの人にイチオシのセイコープロスペックスSBDC139をここから更に詳しく紹介します。

 

プロスペックス セイコー創業140周年記念 限定モデル Ref.SBDC139のスペック

出典:rakuten

キャリバーNo6R35
駆動方式メカニカル 自動巻(手巻つき)
精度日差+25秒~-15秒
駆動期間最大巻上時約70時間持続
ケース材質ステンレス
ケースコーティングダイヤシールド
ガラス材質カーブサファイア
ガラスコーティング内面無反射コーティング
ルミブライトあり(針・インデックス・ベゼル)
中留ワンプッシュダイバーエクステンダー方式
防水200m潜水用防水
耐磁あり
ケースサイズ厚さ:13.2mm
横:40.5mm
縦:47.6mm
その他仕様ねじロック式りゅうず
スクリューバック (製造上の理由により、裏ぶたの向きには個体差があります)
ダブルロック中留
逆回転防止ベゼル
裏ぶた「LIMITED EDITION」表記

セイコープロスペックスRef.SBDC139の特徴として、まず目に入るのは美しい文字盤と濃い色合いのブルーベゼルでしょう。中心から放射状に広がるホワイト文字盤が光の加減により輝き方を変え、SBDC139ならではの美しい光沢が広がります。逆回転防止のブルーベゼルには鏡面仕上げが施され、濃い色合いの青さがより際立っています。このホワイトの文字盤とブルーベゼルのバイカラーにより、SBDC139は爽やかな印象をより強めているのも魅力といえるでしょう。

また、SBDC139はケース径40.5mm、ケースやベルトには一部ダイヤコーティングもされています。風防はカーブ内面無反射コーティングが施され、サファイアガラスの透明感がホワイト文字盤の美しさを際立たせています。

SBDC139は厚みが13.6mmとダイバーズウォッチとしてはサイズが控え目なのも特徴。手首が細い男性にも馴染みやすく、時計本体の重量バランスも良いため、着けていてストレスになるという事もありません。

セイコープロスペックスSBDC139はセイコー創業140周年記念限定モデルとして全世界で6000本販売されています。日本国内での流通数はおよそ1,500本と言われており、裏蓋にある『LIMITED EDITION』の刻印も記念モデルとしての価値を上げています。『他人と腕時計が被りたくない』と思っている人や、腕時計に希少性を求める人にもオススメです。

防水は200m潜水用防水と、ファーストダイバー復刻として本格ダイバーズ仕様となっています。SBDC139のムーブメントはCal.6R35、セイコーウォッチの優れたコストパフォーマンスを支える優秀なムーブメントです。

>商品ページを見る

プロスペックス セイコー創業140周年記念 限定モデル Ref.SBDC139の評価、評判

セイコープロスペックスSBDC139は使い勝手の良さ、コストパフォーマンスの良さに優れたメカニカルウォッチです。SBDC139はセイコーファーストダイバーの現代デザインをベースにしている事もあり、腕時計としてのスペックは非常に優秀です。ダイバーズウォッチなので視認性も高く、ルミブライト仕様の時分秒針なので、夜間や暗い場所でも視認性を損なうという事はないでしょう。大きなアワーマーカーにもしっかり夜光塗料が塗布されており、時間を読むという時計本来の役割も直感的に行えます。

逆回転防止ベゼルの操作感もしっかりしており、堅牢な印象を更に強めているのも魅力といえるでしょう。

ムーブメントに使われているCal.6R35の精度も良く、いざという時は手巻きもできる自動巻きムーブメントです。日差は+25秒~-15秒、ゼンマイが最大まで巻き上がった時のパワーリザーブタイムは最大で70時間とタフネスな一面もあります。

Cal.6R35は精度・パワーリザーブ共に優秀ですが、何よりもこのスペックで時計の値段がリーズナブルという、コスト面でも優秀なムーブメントです。また、SBDC139は耐磁性能もしっかりと確保されています。現代人にとって必須といえるPCやスマホといった家電製品が生み出す磁気にもしっかりと耐性があるのは安心ですよね。

SBDC139は厳しい環境でも見やすい視認性、しっかりとした精度、タフネスなパワーリザーブと耐磁性など、価格に対するスペックは申し分ないでしょう。創業140周年記念モデルという希少性を持ちながら、使いやすいデザイン性という事もあり、セイコープロスペックスSBDC139は非常に高い水準でまとまった腕時計です。

プロスペックス セイコー創業140周年記念 限定モデル Ref.SBDC139のレビュー

使いやすさ、コストパフォーマンスの良さなどで秀でているセイコープロスペックスSBDC139。ネットショップではおよそ15万円以下で取引をされていますが、「実際に着けてみると値段以上の高級感がある」というレビューが見られました。

ケースサイズがダイバーズウォッチとしては控えめなので、その分気軽に扱えるダイバーズウォッチとして選ばれているのも特徴的です。SBDC139の見た目だけでなく、70時間のロングパワーリザーブも見逃せないポイントでしょう。

土曜、日曜日と2日間外していても月曜日までしっかり動いていて、機械式時計にありがちな「ゼンマイが切れて止まっている」というストレスもなく使用できるというのは大きな魅力になります。SBDC139は使いやすいサイズ感や高いスペックと合わせて、『ダイバーズウォッチを始めて購入した』という人からも高い評価を受けています。

美しいホワイト文字盤と深みのある濃いブルーベゼルのコントラストにより、SBDC139はカジュアルシーンにぴったりの腕時計です。ですが夏向きの爽やかな色合いをしているからこそ、「フォーマルな場には少し浮いてしまう」といった声も見られました。鮮やかな色合いだからこそ、冠婚葬祭といった場での使用は避けているという人もいるようです。

また、SBDC139はケースの一部や備えられているベルトの一部にダイヤシールド加工が施されています。耐久性を向上させるシールド加工ですが、オーバーホールの際にケースを研磨して傷を消すという事が難しくなってしまうから避けたいという声もありました。

他にはSBDC139に最初から備えられているダイバーエクステンダー方式のベルトが使いづらいという声も。ベルトについてはSBDC139の色合いを活かすようなカラーのレザーベルトに変えてみたり、ダイバーズウォッチらしく夏向きなラバーベルトに変えている人が多いようです。

まとめ

セイコープロスペックスRef.SBDC139はある意味セイコーらしい腕時計と言えます。SBDC139はお値段以上の高い品質があり、直接手にとってみたり、購入して使えば使うほどセイコーの時計製作技術の高さを感じられるでしょう。

セイコー創業140周年記念モデルという事もあり、SBDC139は世界で6,000本、日本では1,500本の限定発売をされています。腕時計としての完成度も高いですが、コレクター心も満たしてくれる逸品なので、ぜひ一度手に取ってみる事をオススメします。

>商品ページを見る

 

一緒に読まれています

セイコー プロスペックス人気おすすめランキング

セイコー プロスペックスダイバーズ 3rdダイバーズ復刻モデル Ref.SRPC23J1の評価・評判は?徹底レビュー

セイコー プロスペックス Ref.SBDX043の評価・評判は?徹底レビュー

セイコー スピリット Ref.SBTR027の評価・評判は?徹底レビュー

セイコーセレクション Ref.SBPX121の評価・評判は?徹底レビュー

セイコー スピリット Ref.SBTM169の評価・評判は?徹底レビュー

セイコー ブライツRef.SAGZ083の評価・評判は?徹底レビュー

関連記事